So-net無料ブログ作成
台湾(生活) ブログトップ

帰ってきました! [台湾(生活)]

2012/10月~再度駐在さんになりました。
今回は最低でも3年、これからは更新再開したいと思います。

あ~~もう半年以上更新してない... [台湾(生活)]

今、東京です。気が付けばもう半年以上更新してませんでした。
ちょうど台北に引っ越して1年が経ちました。コチラの不動産賃貸は1年契約、解約してもほぼ保証金(敷金)は全額戻る、とのことでしたので、気分転換の為に引越しをしてみました。信義区⇒中山区。まあ、都内で言えば、港区⇒中央区へ引っ越した、位の感覚でしょうか?元々住んでいた部屋は、場所がいわゆる「オシャレ」なイメージで家賃が高かったんですね。築7年くらいで、入居した際は「まあ、こんなもんかな..?」って思ってましたが、その後後追いで来た部下の部屋を一緒に探したり、実際生活を開始していろいろと情報が入ってくると、やっぱりちょっと不合理に高いなっと...
っで、引っ越した部屋は築2年、家電も最新のものがセットされ、台湾のマンションには珍しく日当たりが良かった、何より「バスタブ」があることが引越しの決心を後押ししました。
引っ越して3日しかたってないのに、10日間東京へ戻り出張、来週帰ってからいろいろと整理~PCの配線などをやらなくてはなりません。
引越し先の最も便利な点=空港往復のリムジンバス(Ever航空バス)のバス停がマンションから徒歩1分のところにあること、コレ、思っていた以上に便利です。15分に1本くらいの頻度で走ってますし。毎月1回往復しているので、今後も楽になることでしょう。

今回、東京で来年度の内示を受け、不安視していた東京償還、はなんとか免れ、まあ、あと1年くらいは台北になりそうです。高雄への出店も現実のものとなってきてますので、来月以降は高雄に頻繁に出張することにもなりそうです。(新幹線利用)

以上、味気の無い近況報告となってしまいました。


光になっちゃいました!! [台湾(生活)]

今のマンション借りる際、大家さんに何度も、「入居までに①中華電信の②最速のADSLに加入してね。もしわからなかったら台湾パートナー企業のスタッフが手続き手伝うので遠慮なく言って(パートナーと中華電信は取引あり)」と何度も念を押し、その度に「没問題、ちゃんとやっとくから」(契約は大家名義でしかできないらしい)ってことで安心してて、実際入居時には契約されてて使える状態だったんで、納得してたんですが、速度計測サイトで計っても1M弱、最速の12Mタイプで、自宅から数百メートルのところに中華電信のADSL中継BOX確認してたし、「う~~ん、モノ足らんな~~」と思っていたところ、4月分の請求書が届き、確認すると...「契約タイプ=2M」だと~~~~~!!(怒)
あれだけしつこく何度もお願いして、その度にこちらからのオファー(契約を代行する)を断っておきながらこんなこととは......
マンションを仲介した会社⇒大家にクレーム、早速12M(台湾ではこれで最速)に切り替え手続きをお願いし、FAXで届いた速度変更欄をチェックしていると、12Mの隣に「FTTH」の欄が......早速問い合わせると、2日後に自宅マンションが既にFTTH(光)対応可との返答。但し2年以内に解約すると日割りで罰金が...計算すると、1年残して解約しても罰金は3千元(1万円)ほど。こりゃ、入るしかないってってことで早速申し込み~今朝工事~設定終了し、なんと横浜の自宅に引き続き台北のマンションもめでたく光に......!!無線も設定されて、ノートもマンションの部屋内どこでも使用可能となり一気にインフラが整備されました。まだ速度計測してないですが、体感では台湾内では10M以上は出ていそう、日本へは2.5Mでした。やはり海底ケーブルで日本までだと一気に速度が落ちますね。

プールの季節到来??
自宅マンションのプール掃除が始まりました。寝室の窓から見下ろしたのが上記画像。


台北寒いっす.. [台湾(生活)]

一昨日から本格的な台北での生活が始まりました。
前回引越し~1週間滞在時は、早朝~深夜しか家の周りを歩かなかったので、わかりませんでしたが、マンションから一歩出ると、朝食専門店が10軒近く並び、その他食べ物屋多数、徒歩1分圏内に7-11が2軒、モスバーガー、漫画喫茶などかなり便利な場所でした。

昨日朝、出勤しようと歩いていくと、ある一軒の朝食やのおばちゃんと目が合った途端猛烈な手招き「先生(シエンショ~~ン)=おにいさ~~~ん的な意)」と無視できない雰囲気となり、寄ってくことに。上記のような、やや朝から「重たい」チキンバーガーとHOT豆乳をいただきました。店員のおばちゃん4名から熱烈な歓迎を受け、明日以降も朝素通りさせてくれなそうでちょっと怖い...

っという感じで、台北生活3日目のちょっとした心情を..

*「あ~台北なんだな~」っとあらためて思った瞬間

①当社物件の建築許可証に「馬英九」のサインがあったのを見た時
⇒外省人の取引先小姐の「かっこいい~~」っという言葉に、「俺はキライだね!」っと思わず本音を言ってしまい、冷たい空気が流れそうになって、すかさず「馬小九(奴の飼い犬の愛称?)はカワイイけどな」っとフォローしたら「あんたホントに日本人?なんで小九のことなんか知ってるの?」っと場が和んだ。
②飲んで帰る帰り道、フラっと「永和豆漿」で豆乳飲んでホッコリした時。

ところで、表題通り、ここ3日間凄い寒いです。毎日15度くらい。雨も頻繁に降ってかなり肌寒い。
噂では東京雪降ったそうですね。ちょっと異常気象なんでしょか?

おっと、22時ですね、「我愛黒渋会」が始まりました(笑)...


台北でも自宅PCは自作 [台湾(生活)]

現在自宅で使用しているPCは自作なんです。そもそも一番最初に買ったPCが所謂「ヲタク」の後輩と名古屋時代に大須の「DosVパラダイス」で購入したショップ自作機、ということで、その後も部品を買い増したりなんだりでずっと自作です。

っということで、PCの本場、台北の自宅で使用するMyPCも当然自作機。
事前に、YAHOO台湾やPcHomeTWでネット通販の価格をチェック、CPUやマザーボードなど、日本の秋葉原の方が安そうなパーツは事前購入し、スーツケース内で持ち込み、その他のパーツを現地御馴染み「光華商場」にて購入。
先週の土曜日、実際に光華に出向くと、大きなミスが......
ネット通販価格より、現地現金購入価格の方がはるかに安い......
せっかく持っていったマザーボードなどは現地のほうが¥3,000も安い...(ほとんど台湾メーカーなので当たり前と言えば当たり前なんですが、ネット通販価格では秋葉原の方が2割程度安かった......)
CPU(インテル、AMDなど)はアメリカメーカーなので、日本のほうが若干安い..

ということで、まとめ買いの値切り作戦で、下記パーツを1店舗で一括購入、結局あまり値切りには応じてもらえず(地元小姐同行で粘ったのですが...)まあ、往復TAXI代くらいは浮いたのかっと。

 
結構こだわって、全て台湾メーカーのもので揃えました。左手前から時計回りに、DVDマルチ(BenQ)、ViewSonic社製19インチWide液晶モニタ(I-Podデッキ付)、ケース電源、赤い大箱はケース、マウス、Seagate製SATA320GHD。CPU、マザー、メモリ(DDR2-667)は別途日本より持ち込み済み,OSも日本から使っていないXP/Homeを持参。上記画像全てで、15,000NT$(≒¥53,000)。CPU(AthronX2 3800+)+マザー(ASUS)メモリ(メーカー保証品1G)合わせて全部で¥88,800也。予算が10万円以内、だったので十分良い買い物だったと思います。3Dゲームなど全くしないので、十分なスペックかと思います。全部台湾で揃えたら、あと¥5,000ほど削減できたかもしれません。また、キーボードも配列が違うので日本から持参しました。

さて、作成は次回の休日を予定してますが、最速で4/7(土)、今のところ休めるかどうか微妙です。


台湾(生活) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。