So-net無料ブログ作成
検索選択
サッカー ブログトップ

ドイツW杯組み合わせ決定...う~~ん... [サッカー]

なんとかサボりながらも続けてきたエントリも今回でようやっと100に。
100回目で初のサッカーネタのエントリとなります。自分としては99回書いてて1回もサッカーネタ書いてなかったのはちょっと意外です。

さて、ご存知のように今朝、抽選により、下記通りのドローと決まりました。
まず一言

「最悪に近いのでは...」

 

スポーツナビでの事前予想での最悪パターン、最善パターンなどでの「最悪」に極めて近い結果ではないでしょうか。

ご存知かどうかは?ですが、ワールドカップの抽選が公正であると信じている人はちょっとサッカーに詳しい人なら皆無でしょう。

それが証拠に、予想通り開催国ドイツは非常に楽な組合せになってます。スポナビ予想の最善に近いパターンとして、ココにコスタリカの代わりとして日本が入ってました。まあ、ドイツには絶対に勝て無そうですが、あとはひょっとしてなんとかなるかな...って。

毎回、必ず「死のグループ」というのが確率的に存在してしまうのですが、今回前回に引き続きまたしてもアルゼンチン絡みで1組。グループCはかなりツライ。アルゼンチン、オランダ、と優勝候補に加え、予選でも強かったセルビアモンテネグロ、ドログバ擁するアフリカの新興国コートジボワール。次にキツイのがグループE。ここもイタリア、チェコの2強に毎回着実に結果を残すアメリカと若手が充実しているガーナ。

反対に、極めて楽そうなグループが二つ。GとH。Hにサウジの代わりに日本が入っていれば...

っとまあ、今回の結果であらためてわかった事は、FIFA内での日本の政治力が未だヨワッチイってこと。チョン・モンジュンが副会長の韓国はチャッカリとGに入ってますし、ブラッター会長の出身国スイスもG。反対に、サッカー自体の実力はあるのに政治力がなさそうなオランダとアルゼンチンはこんな組合せに...。

前回のコンフェデではブラジルと引き分けてますが、本番ではそうもいかんでしょう。また、世代交代が完全に終わり、再び強くなってきたクロアチアも非常に厄介な相手。高さと強さがあり、老獪なウルグアイにプレーオフで勝って自信をつけ、おまけにヒディングが監督であるオーストラリアも非常に嫌な相手。冷静に分析しても、1勝もできないのでは......


サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。